• オーガニック
    香害の症状とは?職場や学校でうざいかも!柔軟剤いらずの洗剤おすすめ!
    2019年9月6日
  • 美容
    口コミで話題の化粧水だけじゃない!無印良品を使いこなして美肌に♪
    2019年2月15日
  • kiyo
    平野紫耀の遭遇・目撃最新情報まとめ!
    2018年5月28日
  • Taurus
    市川海老蔵ブログ 心霊写真・小林麻央が写っている画像が多くあった!
    2017年7月2日
  • kiyo
    霜降り明星 粗品の実家の焼肉屋はどこ?韓国人って本当?
    2018年3月5日
  • AKB48
    芸能人スキャンダル流出画像まとめ 最新!LINEやTwitterまで黒歴史。
    2017年6月10日
  • 三浦大知
    三浦大知の嫁目撃情報!インスタにあゆみの画像は?
    2019年1月21日
  • 料理
    じゃがアリゴの失敗しない作り方とコツ!レンジがおすすめ!【実体験】
    2019年2月7日
  • 皇族
    眞子様と小室圭の占いの相性は?婚約破棄は占いによって判明していた?
    2018年12月1日
  • 新井浩文 派遣型マッサージ店 新井浩文
    新井浩文 派遣型マッサージ店どこ?女性の顔画像は?
    2019年2月1日
  • 料理
    じゃがアリゴとは?作り方やおすすめアレンジもご紹介!じゃがりこ&さけるチーズの面白料理!
    2019年2月6日
肌の水分量や油分はどのくらい?増やすには?水を飲むといい?

肌の水分量や油分はどのくらい?増やすには?水を飲むといい?

 

透明感を左右する、お肌の水分量と油分。

 

肌の水分量と油分って、どのくらいが理想なのでしょうか。

そして、肌の水分量と油分は、どうやって増やすのでしょうか。

 

今回は、肌の水分量・油分の増やし方について、みていきます。





肌の理想の油分と水分量はどのくらい?

肌の油分と水分量とは、理想はどのくらいなのでしょう。

 

「美肌」といわれる、肌の油分と水分量は、

水分8、油分2の割合と言われています。

 

しかし、実際には、水分が30~40%しかない人が多いといいます。

理想が80%ですから、全然足りてませんね!

 

30~40%を下回ると、「乾燥している」と感じる人が多いようです。

 

さらに、水分量が少なくなると、油分が増えてしまう人も。

「インナードライ」と言われるタイプで、実は水分が少なく、乾燥している人です。





肌の水分量はなぜ減ってしまう?

肌の水分量は、なぜ減ってしまうのでしょう。

 

考えられる原因は、こんな感じ。

①加齢
②紫外線
③スキンケア

 

①の加齢は、仕方のないことともいえますが、どうしても、ヒアルロン酸やセラミドなどが減っていくため、肌が保てる水分量がどうしても減少してしまいます。

昔は乾燥肌じゃなかったのに・・・」という人は、加齢が原因かもしれません。

 

 

②の紫外線は、「日焼け」のイメージが強いですが、実は肌の乾燥とも深い関係があります。

紫外線が肌にダメージを与えることによって、肌のバリア機能がこわれてしまうのです。

そのため、肌が水分量を保つことができなくなってしまいます。

日焼け止めや日よけは、肌の水分量を保つ意味でも、大事なんです。

 

 

そして③の「スキンケア」。

「え?」と思うかもしれませんが、スキンケアのやり方を間違えると、かえって肌をボロボロにしてしまうのです。

顔をごしごしと強くこすったり、洗浄力の強いクレンジングや洗顔料を使い続けるのは、よくありません。

肌に必要な、うるおい成分も皮脂も、一緒に洗い流してしまうからです。

長期的にこれを続けてしまうと、肌のバリア機能が低下していき、肌の水分量を保てなくなってしまいます。

 

中でも、オイルクレンジング は 肌への負担が大きいとされているので、避けた方がいいでしょう。

洗浄系ではなく、吸着系で落としてくれる洗顔料もおススメです。

クレイ系や、天然成分のクレンジングや洗顔料がいいでしょう。





内側から変えるには?

スキンケアも大事ですが、カラダの中から変わっていくことも重要です。

食生活から、肌の水分量が上がるように変えていきましょう。

 

中でも、大豆やこんにゃく、牛乳やひじき、わかめなどは、セラミドを多く含んでいるので、肌の水分量を上げるにはオススメです。

 

さらに、ビタミン・ミネラルも大事です。

特にミネラルは、不足しがちな栄養素なので、しっかり補いましょう。

 

また、腸内環境と肌は密接に関係しています。

腸内が荒れていれば、肌も荒れるし、腸内環境が正常ならば肌も正常な状態であると言われます。

乳酸菌や発酵食品を多く摂ることも、美肌への秘訣。

同時に、ダイエットにも効果的なので、菌活もオスメです。




話題のプロテインって効果ある?

個人的な体験の話ですが、乳酸菌とタンパク質(豆乳)を、同時に、毎日摂り続けた期間は、肌のコンディションが明らかに変わりました。

 

「毎日」と「継続」が、なによりも大事です。

習慣にしてしまって、毎日少しずつ、しっかり摂り続けましょう。

 

タンパク質 がなかなか足りていないな・・・という方は、プロテインなどで摂取するのもいいでしょう。

 

ただし、動物性のプロテインだと、脂肪分が気になったり、アレルギーの方は不安だと思います。

大豆や枝豆など、植物性プロテインの商品も多くなってきていますので、できるだけ天然のものだけでできているプロテインを選んでみてください。

添加物が入っていると、消化の際に、肝臓に負担がかかりますので、かえって美肌への道を邪魔してしまいます。

 

ちなみに、1日に必要なタンパク質 の量は、

自分の体重(kg)×体重1kgあたりの【タンパク質・糖質】必要量(g)

と言われています。

 

運動をせず、ただ日常を過ごすだけの人の場合、1kgあたりのタンパク質 量は0.8gなので、たとえば50kgの人なら、

50kg×0.8g=40g

となります。

 

運動をする方は、運動の量によって変わってきますが、普通程度ならば0.8~1.1gを掛ける計算で大丈夫です。





まとめ

いかがでしたか?

美肌を目指すには、カラダの内側にしっかり栄養を摂り込んであげて、さらにスキンケアは強すぎないように、がポイントでしたね。

 

紫外線対策も欠かさずに!

 

ちょっとタイヘンに感じますが、1つ1つは少しずつでも大丈夫!

気楽に毎日つづけているうちに、カラダは自然と美肌に近づいていってくれるに違いありません。

関連キーワード
  • 食べると寒い!?原因や対策を調査!その1・食後低血圧
  • 香害の症状とは?職場や学校でうざいかも!柔軟剤いらずの洗剤おすすめ!
  • 口の周りが黒い!中学生でもできるお金をかけない方法!
  • 肌の水分量や油分はどのくらい?増やすには?水を飲むといい?
  • オーガニックコスメの使用期限は未開封だと?開封後の期限は?
  • 安心安全な洗濯洗剤選び!オーガニックは肌に優しいし使い安い?
おすすめの記事