• 三浦大知
    三浦大知の嫁目撃情報!インスタにあゆみの画像は?
    2019年1月21日
  • kiyo
    平野紫耀の遭遇・目撃最新情報まとめ!
    2018年5月28日
  • Taurus
    市川海老蔵ブログ 心霊写真・小林麻央が写っている画像が多くあった!
    2017年7月2日
  • 料理
    じゃがアリゴとは?作り方やおすすめアレンジもご紹介!じゃがりこ&さけるチーズの面白料理!
    2019年2月6日
  • 新井浩文 派遣型マッサージ店 新井浩文
    新井浩文 派遣型マッサージ店どこ?女性の顔画像は?
    2019年2月1日
  • 皇族
    眞子様と小室圭の占いの相性は?婚約破棄は占いによって判明していた?
    2018年12月1日
  • 料理
    じゃがアリゴの失敗しない作り方とコツ!レンジがおすすめ!【実体験】
    2019年2月7日
  • 美容
    口コミで話題の化粧水だけじゃない!無印良品を使いこなして美肌に♪
    2019年2月15日
  • AKB48
    芸能人スキャンダル流出画像まとめ 最新!LINEやTwitterまで黒歴史。
    2017年6月10日
  • kiyo
    霜降り明星 粗品の実家の焼肉屋はどこ?韓国人って本当?
    2018年3月5日
  • 女子アスリート
    大坂なおみのラケットのメーカはどこ?市販品なの?父親の国籍は?
    2019年1月23日
園子温監督オーディションが特殊??オーディションで発掘された女優は?

心筋梗塞の疑いで東京都新宿区内の病院に搬送された園子温監督!

幸い命に別状はないとのことで安心しました。

世界からもかなり評価されている園子温監督!!

愛のむきだしや冷たい熱帯魚など話題となる作品が多い園子温監督ですがオーディションが特殊との噂が。

いったいどんなオーディションなのか?どんなところを見てるのか?

園子温監督のオーデションについて調べてみました。
また園子温監督の見るべき映画もあわせて紹介します。




1・園子温監督オーディションが特殊?

 

映画界の鬼才といわれる園子温監督。

 

 

 

 

これまでに国内外、数々の賞を受賞し高い評価を得ています。

 

つい先日、ハリウッド映画を撮ることを発表したばかりでした。

あのニコラスケイジが主演ということで話題になっています。

 

心筋梗塞で病院に緊急搬送されたニュースがありましたが命に別状はないそうで一安心。
はやく体を直してほしいですねハリウッドが待っていますから。

 

そんな映画界の鬼才といわれる園子温監督!!

 

 

今までオーディションで吉高由里子さん、満島ひかりさん、階堂ふみさんといった
今や誰もが知る名女優の才能開花させてきた人物。

 

そのオーディションが特殊ともいわれています。
いったいどんなところが特殊なのでしょう。

 

 

園子温監督のオーディションは、まず有名人は取らないことで有名です。

 

園子温監督自身が公言していますが

 

有名度合いを商品価値として使うことに興味はなく、興味があるのは新人発掘!!

 

園子温監督のオーディションは新人発掘の場であり、有名人だから使われるということはまずありません。

 

かつて、『紀子の食卓』のオーディションにはまだ今ほど売れていない北川景子さんも参加。
ただ、園子温監督はまったく興味がわかなかったと言っています。

 

また、沢尻エリカさんもオーディションに参加された経験がありますが、ここもばっさり!!

 

その理由は、演技経験も何にもないまっさらの女の子が撮影中にどんどん開花していく姿を見がすごく面白い!!

 

これにつきるとのこと。

 

 

園子温監督に見出された女優さんで有名なのが吉高由里子さん

いまや誰もがしってる女優さんになりましたが、園子温監督に見出されるまでは無名でした。

 

舞台経験どころか、演技経験もない吉高由里子さんと園子温監督はオーディションで発掘し世に送り出したのです。

吉高由里子ファンの方は、園子温監督に感謝しないとですね(笑)

 

 

園子温監督は俳優より女優の方が面白いと公言しており、存在でいける、すごいなと思ったら採用するそう。

 

これは園子温監督にしかわからないところですね~見えるんでしょうかね何かが。

 

昨年園子温監督のオリジナル作品の出演者オーディションの応募がありました。

園子温監督が脚本、監督を務める作品への出演希望者を対象としたオーディション。
ある猟奇殺人事件をベースに社会への洞察、人間の本質を描いた作品。

 

これの応募資格が少し特殊です。

・2018年4月1日の時点で日本国内在住の20歳から30歳。
・演技の経験やプロダクション所属の有無は不問。
・1次審査は書類選考。
・合格者のみオーディション事務局から2次審査の案内が送られる。

 

ま~これだけなら普通ですよね。

 

特殊なのはここから。

 

作品の性質上、ヌードシーンや性的な描写、グロテスクな描写があるため
その点を理解の上、応募して欲しい。

 

普通のオーディションではここまで公表しないですよね。
最初の項目だけでしょう。

 

ヌードシーンや性的な描写があるってだけでまず覚悟のない女性は無理でしょう。
また、グロテスクな描写は中々きついですからね~。
とくに園子温監督の映画は本当にグロテスクな描写が多いですし。

 

また、応募方法はwebのみというところも少し変わってますね!
普通は書類審査があるのだから郵送とかにもなるのに。

 

 

かなりオーディションの募集の段階で絞っているのでしょうね!!

 

 

昨年の募集は終わっていますが、また新たな募集がかかる可能性もあります。
ツイッターなどでも募集かけてるので定期的にみてみるといいかもしれませんね。




2・園子温監督オーディションで見出された女優は?

映画界の鬼才といわれる園子温監督!

 

最近だと、元SMAPの草なぎ剛さんや香取慎吾さん、稲垣五郎さんが
主演の映画、クソ野郎と美しき世界の監督も担当しましたね。

園子温監督は新人発掘をもっとも得意としており今まで目がでなかった女優さんの才能を開花させています。

 

園子温監督によって、才能が開花した女優さんは誰がいるのでしょう。

 

・満島ひかり

名女優としても有名な満島ひかりさん。
個性派の女優さんですね。

 

満島ひかりさんの才能を開花させた園子温監督の作品といえば
『愛のむきだし』ですね。

 

これで満島ひかりさんは天才と呼ばれスポットライトを浴びます。
そして、今や名女優ですからね。

すごいですよね才能を見抜いた園子温監督は。

 

・二階堂ふみ

若手女優では頭ひとつ抜けてるといわれる二階堂ふみさん。

二階堂ふみさんも、園子温監督に見出された一人。

 

二階堂ふみさんが出演した映画はいくつかありますが
ヴェネチア国際映画祭で最優秀新人賞した『ヒミズ』

これがブレイクのキッカケでしょう。

 

その後も『地獄でなぜ悪い』『悪の教典』『私の男』など話題作に多数出演していますし。
難しい役どころをこなす演技派女優になれたのもこの映画のおかげですね。

 

 

・清野菜名

数々のCMに出演している清野菜名さん。
名前は??でも顔みればあ~と一発でわかる人も多いはず。

清野菜名さんも園子温監督が見出した一人!!

 

『TOKYO TRIBE』で起用した新人が清野菜名さん。
アクションが得意な運動神経抜群の当時19歳。

やっぱり新人発掘がすきなんですね~

 

・池田エライザ

いまや大人気モデルの池田エライザさん。

池田エライザさんも園子温監督が見出した一人!

 

『映画 みんな!エスパーだよ!』で主演してましたね。

なんと、オーディションに100人以上参加していた中で、一番インテリジェンスを感じたのが池田エライザさん。

「落ちたら焼肉おごってください」と審査員に言い放ったそう。
どこか吉高さんに似たシンパシーを感じたそう。

 

やはり、若くて新人で無名というのがポイントなんでしょうか。

 

 

現在放送中の朝ドラのまんぷくで主演をはたした安藤さくらさんも園子温監督によって
才能を開花させたといわれています。

 

ものすごい名女優ばかりを生み出してる園子温監督!

 

 

次は、どんな女優さんがでてくるか楽しみですね~!




3・園子温監督映画で見るべき作品は?

今まで数多くの映画作品を世に送り出してきた園子温監督。

 

オススメ映画はたくさんありますが、みながあげてるのとは少し
違った視点で3本ほどオススメ映画をあげてみたいと思います。

 

 

まず、最初はべたですが、冷たい熱帯魚でしょう!!

第67回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ・コンペティション部門正式出品
であり、ブルーリボン賞を獲得した作品。

 

ものすごく、グロテスクな作品です。

 

園子温監督の代表作といってもいいでしょう!!

 

なんといっても、R18+(18歳未満は観覧禁止)に指定されてる作品ですし、
1993年に起こった埼玉愛犬家連続殺人事件をベースとした物語。

 

各部門で日本の映画賞を受賞した話題作。

 

ただ、本当にものすごくグロテスクですし暴力的な描写が多く生々しい作品です。

心臓が弱い方や、グロテスク苦手な人にはオススメしませんのでご注意を!

 

 

次にオススメする作品は、地獄でなぜ悪い!

監督自らが自身初の娯楽作と位置付けた作品。

 

ヤクザ、映画監督を目指す男、ひ弱な青年がなぜか一本の映画の
撮影のために殺し合いを繰り広げるという、ハチャメチャな内容。

 

ただ、見終わった後にはスッキリした気分になります。
かなりオススメです。

 

2013年の作品なので、まだ無名時代の二階堂ふみさんが出演しています。

今の二階堂ふみさんではこないだろう役柄の設定で出演しています。
そう意味でもオススメの作品。

 

星野源さんが出演されてることでも有名ですねこの映画は。
それ以外にも今をときめく俳優さんがまだそこまで売れてない時代。

 

そういった意味ではかなりオススメの作品です!!

 

そして、最後のオススメは自殺サークル!

本作品は園子温監督が鬼才として世に注目を集めることになった作品。

 

集団自殺というセンセーショナルな題材を扱った本作、グロとホラーと
不快感に彩られながらも、なぜか目を離すことができないんです。

 

最初の五十人を超える女子高生のプラットホームに飛び込んでの
集団自殺のシーンは、日本映画史に残るシーン。

 

かなり、勇気がいる作品です見るのに!!
結構グロいですし。

 

園子温監督といえば、『紀子の食卓』が有名ですがこの前日譚となる作品です。
かなり心にきますので見るときは注意してくださいね。




4・まとめ

園子温監督のオーディションについてまとめてみました。

かなり新人発掘が得意な監督ですね。
今までの功績を見てても、今人気の女優さんって園子温監督のおかげという人も多いし。

ぜひ、今後も新人発掘に力をいれて素敵な女優さんを輩出してほしいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。




おすすめの記事